So-net無料ブログ作成

ペシャワール会中村哲氏の言葉 [人]

------------------------------------------------------
(2001年3月19日バーミヤンの石仏の破壊跡を見た中村氏)

仏性が万人に宿るものならば、それは誰も壊せぬものである。
それは、よし無数の土くれに帰ろうとも、人の愚かさを一身に背
負って逝こうとする荘厳な意思の体現である。
目には見えずとも真理は不動である。
国際組織が「文化保護」だと主張し、各国が政治的プロパガンダ
に利用することをどのようにご覧になったであろうか。
神聖な姿はまさにその瞬間に消えたのである。
「医者井戸を掘る」P193より
------------------------------------------------------
(ジャララバードからカブール診療所立ち上げに出発する際
の中村氏の訓辞)

今世界中で仏跡破壞の議論が盛んであるが、我々は非難
の合唱に加わらない。
私たちの信仰は大切だが、アフガニスタンの国情を尊重する。
暴に対して暴を以って報いるのは、我々のやり方ではない。
餓死者百万人と言われるこの状態の中で、今石仏の議論を
する暇はないと思う。
平和が日本の国是である。
少なくともペシャワール会=PMSは、建設的な人道的支援を、
忍耐を以って継続する。
そして、長い間には日本国民の誤解も解ける日がくるであろう。
我々はアフガニスタンを見捨てない。
人類の文化とは何か。
文明とは何であるか。
考える機会を与えてくれた神に感謝する。
真の人類共通の文化遺産は、平和と相互扶助の精神である。
それは我々の心の中に築かれるべきものである。
「医者井戸を掘る」P183より
------------------------------------------------------

ニュースの速報性は向上したけど・・・。
世界はヒステリックになってしまった。

幕末期に瞬時に世界に情報が伝わる仕組みがあったなら。
砲撃やら外国人襲撃をたびたび起こしていた日本も外国から
徹底的に攻撃されて今の日本はなかった、かも知れません。
日本はラッキーだったと思うのです。

アルビン・トフラーの「第三の波」
手元に本がないのだけれど、産業化の波ひとつとっても
まず農耕牧畜の波が起こり、産業革命で工業化の波が、
ついで情報化の波が起こりました。
自然、波と波との衝突が起こります。
多様性を受け入れる、相互依存する世界。

誰かのために切実な思いに駆られれば、その人の意見は
中立性を保ちえなくなる。
その「誰か」というのが自立能力を喪失した人のためなら、
その偏りは美しい。
そして立場を越えて美しさに共鳴できこと、それが普遍性
なのかもしれません。
私の世代を「やさしさの世代」と呼ぶ人もいるのですが、
中立性、冷静さを保ち他との摩擦を起こさない事こそ正義だ
、と考えてきたふしがあります。
それはひとつの美徳かもしれませんが、同世代人と話して
いるとどうも面白くない。暖簾(のれん)みたいで・・・。
nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ペシャワール会について [人]

アフガニスタンで亡くなった伊藤さんへの追悼の気持ちがあり、
「医者井戸を掘る」を読みました。
日付変わって9月13日0時15分よりBS2にてNGOについての
番組があるとのこと。

伊藤さんを「立派だった」という言葉で葬り去ることはたやすい
けど、彼が何に共鳴したのか、何を目指していたのかを辿ること
で追悼に代えたいと思います。

ペシャワール会の概要はwikipedia、公式サイトを参照してくだ
さい。
この本を読んで「壊れた国 壊れたモノ 壊れた心」という講演録
の木辺弘児氏の記事の以下の抜粋を思い出しました。
以下抜粋(再掲)
------------------------------------------------------
今回の地震も、・・・・・統計データだけで表せられるものでは
ない。
ヘリコプターからのテレビ映像だけに存在するのでもない。
むしろ逆に極めてローカルな、路地裏のどぶ板を這う虫だけが目
撃するような、一人の老人の死とか、それを助けようと走ってい
く子供とか、そんな細部の一齣(ひとこま)にこそ、あの地震の実
態が含まれている。
その細部が逆転して世界・人間の全てを覆う。
・・・・・
ショッキングなヘリコプター映像は、上空から見下ろしている鳥
の視点です。
その目は世の中を概観して、どこにどういう問題があって、それ
をどう解決すればいいかを合理的に考えようとします。
事の大小、優先順位、予算配分などを考える政治、行政の目です。
統計的一般論を信じ、科学技術を信じる目でもあります。
・・・・・
しかし皆さんもご承知のように、この二、三百年、鳥瞰的視点で
進んできた人類文明が、今、明らかに行き詰っていますね。
このまま鳥瞰的視点だけでやっていくと、回りまわって全部が駄
目になるのではないか。
------------------------------------------------------

■■続きを読む■■


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

『あの日』 [人]


みち

今日まで 歩いてきたみち、
さっき 歩いてたみち、
明日 歩くみち、
今 歩いてるみち、
これから 歩くみち。
全部 私が 選んで決めて 
歩くみち。
間違いなく 自分で 選んで
歩いてるみち。
だから このみちで いいの。
みちを歩きたいの。
私の選んでるみちは いい方に向かってる。
だから 全て大丈夫。
このままいけば 大丈夫。
全て大丈夫。  

============
今日は笹田雪絵さんが旅立たれた日。
何かを気付かせてくれた大切な人です。
ありがとう。

 ⇒プリンスNORIの隠れ家
   画像を拝借いたしました。感謝<(_ _)>。
 ⇒屋久島
   いつもお世話になってます。ひらめさんのブログ 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

すのうさんの事 [人]

すのうさんに再会したのが去年のちょうど今頃でした。
思えばそこからボクは少しずつ変わってきたのかも知れません。
彼女のサイトは以前から知っていたのですが長期にわたって更新がなかったので疎遠になっていました。
久方ぶりに彼女のサイトを訪問していつものようにエッセイのページに飛んでお亡くなりになったことを知りました。
ショックでした。
「明日があるさ」の積み重ねが彼女を知るチャンスをなくしてしまったのだから。
改めてエッセイを順を追って読んでみました。
重度のMS(多発性硬化症)の発作から回復の兆しが見えはじめた矢先に再び重い発作に見舞われ帰らぬ人となられました。
多発性硬化症という難病について調べてみました。
この難病の難しいところは症状、進行の個人差が大きいとの事でした。
彼女の症状は重く何度も発作を繰り返します。
脊髄液検査は痛かったはずなのに、大量のステロイドやインターフェロン投与は精神にさえ影響したであろうに彼女のエッセイからは闘病の凄まじさなど微塵もなく生きる喜びに満たされていました。
すのうさんは自分の死に納得して生きることに満ち足りた思いで逝かれたのだろうか。
ボクにはそうは思えませんでした。
どこか突き抜けた暖かい文章を書かれたすのうさんの足跡を訪ねたいという想いがあり昨年夏に石川へ行きました。
こんな事はかつてのボクにはなかった異常行動でした。
日本海沿いの長い道を抜けるとすのうさんが好きだった白山が見えてきました。
そのなだらかでどこまでも広がる稜線を見てなぜだか納得できてしまった。

生前のすのうさんと知り合うチャンスがあったのにボクはそうしなかった。
「明日がある」
すのうさんにとっての「明日」はぼんやりとした朧気なものだったのかも知れません。
============================
したいことがあるの
きょうしたいの
いましたいの
いまじゃなきゃいやなの
いましたいの!

2002/08/01(Thu)のエッセイより抜粋
============================

いまだすのうさんを巡る思索はボクの心の中でひとつの形を得ていないのですが、エッセイから垣間見た彼女の生き方にボクは影響を受けはじめている事は否定できません。
人間が好きになったかもしれません。

すのうさんのサイト
 ⇒Snow Letter


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。