So-net無料ブログ作成

ペシャワール会について [人]

アフガニスタンで亡くなった伊藤さんへの追悼の気持ちがあり、
「医者井戸を掘る」を読みました。
日付変わって9月13日0時15分よりBS2にてNGOについての
番組があるとのこと。

伊藤さんを「立派だった」という言葉で葬り去ることはたやすい
けど、彼が何に共鳴したのか、何を目指していたのかを辿ること
で追悼に代えたいと思います。

ペシャワール会の概要はwikipedia、公式サイトを参照してくだ
さい。
この本を読んで「壊れた国 壊れたモノ 壊れた心」という講演録
の木辺弘児氏の記事の以下の抜粋を思い出しました。
以下抜粋(再掲)
------------------------------------------------------
今回の地震も、・・・・・統計データだけで表せられるものでは
ない。
ヘリコプターからのテレビ映像だけに存在するのでもない。
むしろ逆に極めてローカルな、路地裏のどぶ板を這う虫だけが目
撃するような、一人の老人の死とか、それを助けようと走ってい
く子供とか、そんな細部の一齣(ひとこま)にこそ、あの地震の実
態が含まれている。
その細部が逆転して世界・人間の全てを覆う。
・・・・・
ショッキングなヘリコプター映像は、上空から見下ろしている鳥
の視点です。
その目は世の中を概観して、どこにどういう問題があって、それ
をどう解決すればいいかを合理的に考えようとします。
事の大小、優先順位、予算配分などを考える政治、行政の目です。
統計的一般論を信じ、科学技術を信じる目でもあります。
・・・・・
しかし皆さんもご承知のように、この二、三百年、鳥瞰的視点で
進んできた人類文明が、今、明らかに行き詰っていますね。
このまま鳥瞰的視点だけでやっていくと、回りまわって全部が駄
目になるのではないか。
------------------------------------------------------
2000年の旱魃時にアフガン人が必要としたものは今日飲める
水、そして明日枯れるかも知れない井戸を自力で掘り返す技術と
道具でした。

アフガン侵攻後のPMS会の活動は別の著作を読む必要がありま
すが、緊急対策的だった50mほどの浅井戸では旱魃の根本対策
とは言えず、「上総掘り」という日本の伝統的深井戸掘り工法の
の現地定着と、農業生産性向上という、根本対策に出ていたのだ
と思われます。
プロジェクトが具体的成果を挙げ、今後水平的に活動地域を広げ
る途上であっただけに伊藤さん、ご家族、現地の人々、PMSの
無念さはいかばかりか。
ご冥福をお祈りし、世界のNGOの活動が緩むことなきよう願い
ます。
また「施し支援」ではなく「自力再生能力の醸成を支援」という
PMSの活動の趣旨に強く賛同します。
------------------------------------------------------
「現地での活動は、日本人が主体になってやらなければならない。
」かつて中村医師が何度も言った言葉だが、現地で実際に動いて
みてこの意味が本当に良く分かった。
現地で活動する国連を含めたほかのNGOを見てみると、必ずア
フガン人の代表者が取り仕切っており、外国人の仕事はその報告
を処理しているだけであった。
仕事の関係上、駐在するスタッフに会うことが多かったが、彼ら
は大まかな活動は把握しているものの、スタッフ一人一人の性格
や、村々の位置やそこの長老の名前、物の質や値段など、活動を
進める上で知っておかなければならない事に注意を払っている様
子はなかった。
このような現地人主体で進められている欧米系NGOで、100パ
ーセントその能力を発揮している所はまず無かった。
オフィスや車等の設備は立派でも、作業内容は意欲が低いせいで
遅々として進まず、権力を持った現地責任者が彼の都合で仕事を
優先するため、賄賂まがいの八百長が茶飯事になり、現地住民に
還元される援助というのはごく僅かというのが現状である。
P276より(蓮岡修氏)
------------------------------------------------------
まるで日本の行政や民間企業の丸投げ体質批判を聞くようです。

PMSが現地で果たした役割は
1.組織を作り「アフガン人による自力復興」という動機付けを
  行う
2.現地の伝統的技術に最小限の改良を加え自力再生能力を醸成

なぜ組織を作り動機付けを行う必要があったのか。
アフガニスタン人によって支援組織は出来なかったのかと。
再び蓮岡氏の言葉を借ります。
------------------------------------------------------
アフガニスタン特有の血族同士の敵対関係が、例えば涸れ井戸の
再生等の共同作業を円滑に進められない理由のひとつになってい
て、更に事態を悪化させていた。
まず人種があり、氏族があり、次に出身があり、村、苗字、血縁
という風に関係は細分化されていくが、それが末端に行くほど結
束は強く固いものになる。
氏族間で争いをするほどであるから最小単位に近い「村」では、
今でも周りを城壁で囲み互いに他の村を常に威嚇している状態で
ある。
今でもハダル(※)が当然のように実施されるこの社会の人々には
共同作業も理解し難いものであった。
(※復讐の掟、パシュトゥーン人の慣習法)
P236より(蓮岡修氏)
------------------------------------------------------
アフガン社会に矛盾しても、また流されてもプロジェクトは空中
分解してしまう。
難しいところです。

2.の現地の伝統的技術に最小限の改良を加え自力再生能力を醸
成は従来、NGOは請負業者に井戸掘り作業を任せていたのです
が、彼らは日本円で当時250万円相当のボーリング機械を使い、
平均工期は4ヶ月。
井戸から水が出るのを住民はただ指をくわえて見ている他なく、
掘っては枯れを繰り返した旱魃の現状にはそぐいません。
技術を習得しようにも現金収入がほぼゼロの現地住民にはボーリ
ング機械など買えるはずもない。
PMSでは現地の伝統的な井戸掘り工法に単純な改良を加え作業
終了後は道具類一式を現地に残しています。

技術的な改良点は以下の通り
------------------------------------------------------
・井戸底の土砂や岩を引き上げる道具として伝統的な「チャルハ」という道具
  木製→鉄製に変更(現地で溶接加工)
  回転軸に自動車用の車軸を採用
  回転部分にボールベアリングを導入し摩擦低減
 滑車を噛ませることで巨岩の引上げも可能に
・井戸枠
  コンクリート製から鉄筋コンクリート製に変更
  速乾させず1週間程度時間を掛けて乾かす
  (乾燥のため放置すれば1日で乾くが、脆いため)
・井戸側面の岩石層にコンクリートを塗りこめて安全性向上
・井戸掘りノミを鉄製から鋼製に変更
  (旧ソ連戦車のキャタピラ部品を加工)

この他、作業手順についても落下物防止、酸欠対策など改良して
いる。
------------------------------------------------------

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。